>レポート>麻酔科の医師の転職状況【転職しやすいかどうか調査】

麻酔科の医師の転職状況【転職しやすいかどうか調査】

病院

ニーズが高い

麻酔科は、他の診療科の医師よりもニーズが高くなっています。まだまだ麻酔科医の数が足りていないことから、多くの医療機関でのニーズは高くなる一方となっています。日本全国の医療機関で麻酔科のニーズは高まっていることから、どの都道府県でも麻酔科は転職がしやすくなっています。特に地方の医療機関においては、そのニーズは極めて高くなっています。さらに近年では、医療機関だけでなく福祉施設でのニーズも高まっています。以上のことから、麻酔科の転職に関する環境は良好であると言えます。他の知識としては、他の診療科の医師よりも年収が高い傾向にあるということも知っておきたい知識となります。東京都内といった大都市の職場の方が地方都市の職場よりも年収が高くなる傾向が強いです。

診察室

女性の医師に人気がある

麻酔科医になぜ転職したいのかといいますと、それは人気があるからです。麻酔科は、女性の医師には特に人気があります。それは、集中医療の医療機関でない限り、土日や夜間において緊急で呼ばれることがほとんどないので、勤務がその分しやすくなります。また、結婚や出産をして一時期臨床の現場を知り除いても、復帰が容易となっていることも女性の医師には人気がある理由となっています。このような理由から、麻酔科は女性医師が転職したい診療科の中でも上位の人気となっています。さらに他の理由でも人気が高くなっています。それは、フリーランスで働きやすいということも麻酔科に転職する理由となっています。フリーランスは、組織に縛られずにしかも高収入を得ることができる魅力があります。

広告募集中